[絵コンテ・台本]Dプロジェクト UDA編・ヒグチ君編

Dプロジェクト第二弾「UDA編・ヒグチ君編」の
・松本陽一が書いた台本と
・山岸謙太郎監督が描いた絵コンテ
を一冊でセットされている絵コンテ・台本です。


【Dプロジェクトとは】
2015年、劇団6番シードの劇団PVをインディーズ映画チームProjectYamakenが制作。
架空の映画予告というコンセプトで制作されたそのPVはまるでハリウッド映画のような壮大なスケールとエンターテイメント性が前面に押し出されていた。
そこには「こんな映画を作ってみたい」「こんな映画に出演してみたい」という両チームの夢が託されていたのだった。
難しいかも知れないがいつか実現したいというその両者の夢はファンの手によって予想もしないスピードで実現への階段を上り始めることになる。
劇団6番シード本公演『ボイスアクター』の上演前に公開されたこの劇団PVは瞬く間にファンの間で話題となり「本編が見たい!」「本編を作って欲しい!」という沢山の声が上がったのだ。
なんとかファンの要望に応えたい。
しかし、通常、2時間を超える大作映画には膨大な予算と撮影期間がかかってしまう。
ましてや予告ででっち上げるだけでっち上げたスケールの大きなストーリーである。
舞台が本業である劇団6番シードにとって、それだけの予算を割くことも時間を割くことも難しかった。
そこで思いついたのが本作の計画である。
2時間超のストーリーを7分割し全7編構成にし撮影・上映を2編ずつ行うことで1度の撮影をコンパクトにした。さらに、その都度メイキングを含めたイベント上映をし、グッズも販売することで次の2編の撮影予算を得ることが出来る。
ただし、この計画は途中でファンに見放されてしまえばこの作品は未完に終わってしまう。
1編1編を本気で丁寧に作り上げなければこの作品の全編完成を見ることは出来なくなるだろう。
果たして劇団6番シードとProjectYamakenの夢(Dream)の計画『Dプロジェクト』は最終章にたどり着けるのだろうか。

*本グッズの販売による利益を全てDプロジェクトの制作費に使わせていただきます。

【ストーリー】
≪UDA編≫
ショッピングモール襲撃事件の3か月前―。犯罪テロ組織アタッカーズは自衛隊駐屯地を襲撃し、大量の武器弾薬の強奪に成功する。そして現在―。アタッカーズのリーダー「UDA」は首都を揺るがすある計画を実行に移していた…。
長年UDAを追う公安部刑事ツチヤ、謎の女クリュウを助けようと奔走するフリーターのトウドウ、緊急対策本部を設置したオザワ総理、それぞれがUDAを追いつめたその瞬間、UDAの口から驚愕の事実が伝えられるが…。

≪ヒグチ君編≫
ペットのガラパゴスリクガメを愛する殺し屋のヒグチ君。コスプレ好きの妻と幸せな日々を送っていた。ヒグチ君の元には様々な殺人依頼が舞い込み、粛々と依頼を遂行していくヒグチ君。そんな仕事とカメを愛するヒグチ君を見かねて、妻は家を出て行ってしまう。そんな中舞い込んだ新たな仕事は、意外な人物からの殺人依頼だった…。

¥ 1,300

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。